ネット予約はこちらから

東京都豊島区北大塚2-3-1

03-3576-7788(要予約)

FACE Q&A|豊島区の酒井形成外科監修 美容外科 美容皮膚科の形成外科専門医がお答えします

まぶた・二重まぶた

まぶた・二重まぶた(埋没式・切開式)

まぶた・二重まぶたのQ&Aはこちら

埋没法の特徴

埋没法 術前

埋没法とは、専用の細いナイロン糸をまぶたの裏から表へ通し、好みの位置に二重の線を作る方法です。糸はまぶたの結膜と皮膚の間に埋没させるため、表面に現れることはありません。

埋没法のメリット・デメリット

埋没法 術後

*メリット
埋没させた糸を切ることで、元に戻したり、新たにデザインをし直すことが出来ます。また、術後の腫れが比較的早期に減少することから、社会復帰が早いといえます。

*デメリット
糸の寿命2~3年で、二重が消失してしまいます。また、複雑なデザインを作ることが困難です。特に眼瞼下垂があったり、目の上の脂肪や皮膚が厚い方は、綺麗な二重が作りにくいです。

切開法の特徴

切開法 術前

切開法とは、気に入った線に沿って皮膚を切開し、直接まぶたの皮膚と瞼板をくっつける方法です。時に、余った皮膚や脂肪を取り除き、直接まぶたの皮膚と瞼板をくっつけます。

切開法のメリット・デメリット

切開法 術後

*メリット
綺麗でしっかりとした二重が出来ます。しわの多いまぶた、脂肪の多いまぶたにも対応出来ます。二重の線が消えることは、ほとんどありません。

*デメリット
修正が困難です。腫れの期間が長く、個人差がありますが、完全に落ち着くまでに1~2ヶ月要します。

埋没法の二重まぶた手術ですが、目を閉じた時バレてしまうのでしょうか。
手術しても、目を閉じた時にバレちゃうのでしょうか・・・
私は一重がずっとコンプレックスだったので、埋没法の二重まぶた手術を受けようと思っているのですが、一つ気になる事があります。
埋没法の手術をして、完全に治った後でも目を閉じると、糸でとめた所が凹んでいたり、あるいは目を閉じても二重のまま・・・というような話をよく聞くのですが、それは本当なのでしょうか?
それがどうしても気になってなかなか病院に行く気になれません。どうか教えて下さい!
手術の手技により、そのようなことはありえます。しかし、きちんとした形成外科専門医による埋没手術では、そのようなことは少ないと考えます。
ちなみに、私事で恐縮ですが、私の手術ではそのようなことはまず起こりません。ちょっとした工夫があるのです。
ただ、人のまぶたの皮膚は千差万別でたるみがひどかったり、ぷっくりしすぎたりしていますと、埋没法のような簡易手術ですと、完全な美しさは描出できないこともあります。この場合は切開法での二重まぶたをお勧めしています。
目頭切開を行なうことによって顔のバランスが整えばいいと思っているのですが。
自分の目がどのように改善されるのか全く予想がつかなく、自分的には極端に目を変化させるのでなく、眠そうな目を少しパッチリと、目頭切開をすることによって顔のバランスが整えばいいと思ってます。そうすると目頭切開で充分なのでしょうか?自分の周りの人には内緒で美容整形を受けようと考えているので実際どんな感じに仕上がるのかアドバイスを頂けないでしょうか?
あなたのお写真を見る限り、「眠そう」という感じは受けません。むしろ目は大きい方ですので、このままでも十分ではないでしょうか。仮に手術するにしても「少量、ひかえめ」が大切な感じを受けます。
→ もっと詳しくまぶたの美容外科についてお知りになりたい方は・・・ まぶたの美容外科

当サイトは豊島区北大塚の酒井形成外科の監修です。

TOPへ戻る