ネット予約はこちらから

東京都豊島区北大塚2-3-1

03-3576-7788(要予約)

医師の紹介|豊島区の酒井形成外科監修 美容外科 美容皮膚科の形成外科専門医がお答えします

医師の紹介

酒井倫明(さかいみちあき)院長

酒井倫明(さかいみちあき)院長

美容外科とは

美容外科とは顔の美容整形など形状を美的に形成するための医学です。
業界ではトラブル事例がみられることから、患者様の中には不安を感じている方も少なくないでしょう。
インターネット上の宣伝をそのまま鵜呑みにするのはリスクが高い医療と言えます。

「良い美容外科の先生に出会うためにはどうしたらいいですか?」と質問されることがよくあります。
ひとつ挙げるとすれば「医院に行ったときの医師や職員の態度や印象が悪くないか」は重要な点です。
患者様の生き方を左右するとも言える分野ですし、悩みに寄り添い、じっくりお話を伺うことが肝心です。

さらに重要なのが「日本形成外科学会の専門医、JSAPS(日本美容外科学会)の専門医かどうか」です。
美容外科は医療業界の中でも非常に特殊な科目で、専門医でない医師も積極的に診療を行っています。
通常、心臓外科の手術を産婦人科の先生がやっているというと明らかにおかしいと感じるでしょう。
しかし、唯一、美容外科だけは特に問題視されず、専門医資格のない医師が診療にあたっているのです。

そもそも医師は、医師免許を取得後、厚生労働省が決定した臨床研修制度に則り、研修を行います。
まず、国が指定した臨床研修指定病院で全ての科目について2年間の研修を受けます(前期研修)。
その後、各々が希望する科目を選び、5年間専門医を取得するために勉強を行います(後期研修)。
専門医というのは、ここまでの過程を踏んでやっと受験資格が得られるものなのです。
研修期間中は過酷で年月もかかりますし、合格しなければ専門医を名乗ることはできません。

私自身、日本形成外科学会、JSAPS(日本美容外科学会)に専門医として参加させていただいています。
学会の講習会等に何度も参加し、先輩の先生がたの話を聞いて学びながら、必死に勉強をする日々です。
実際に診療で患者さんと触れ合いながら、分からないことは学会の先輩がたに聞く。
学会に行ってわからないことは文献を読んで勉強して、知識を増やしていく。さらに私自身、後輩の指導をすることで自分の反省点を見つけ出します。
そういった行動を10年ぐらい繰り返し、成長していくのが本来の専門医の姿だと感じています。
考えれば考えるほど悩みが高尚になっていき、今後もさらなる医療の追及をしていく決意です。

しかし、先ほども申し上げた通り、専門医資格がない医師が美容外科医として診療していることから、
形成外科業界でも美容外科への不信感が拭えず、学問としてなかなか認められてはいないのが現状です。
当院も美容外科の研修施設として名乗りを挙げるなどして、業界の発展に尽力していく所存です。
一人でも多くの患者様に満足のいく医療を受けていただきたいと切に願っております。

学歴・職歴

1985年
昭和大学医学部卒業 昭和大学大学院入学 自治医科大学病院 整形外科
1987年
昭和大学病院 麻酔科
1988年
自治医科大学病院 整形外科
1989年
昭和大学病院 形成外科
1989年
東京逓信病院 皮膚科・形成外科 前橋日本赤十字病院 形成外科
1990年
昭和大学藤が丘病院 形成外科
1991年
昭和大学病院 形成外科
東大和病院 形成外科部長
1995年
酒井形成外科開業

その他

1991年
医学博士号取得
日本形成外科学会専門医取得
2003年
昭和大学非常勤講師

所属

  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容医療協会会員
  • 日本皮膚科学会 会員
  • 日本医師会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • 豊島区医師会 元理事
  • 国際美容外科学会会員
  • 昭和大学非常勤講師
  • 日本臨床形成美容外科医会 会員
TOPへ戻る