ネット予約はこちらから

東京都豊島区北大塚2-3-1

03-3576-7788(要予約)

FACE Q&A|豊島区の酒井形成外科監修 美容外科 美容皮膚科の形成外科専門医がお答えします

鼻の美容外科

鼻の美容外科(隆鼻術・あぐら鼻・だんご鼻・鼻翼形成等)

鼻のQ&Aはこちら

鼻プロテーゼ法の特徴

鼻プロテーゼ法 術前

きわめてしなやかな、また鼻尖部がほとんどないL字型プロテーゼを使用し、安全かつ簡単に鼻根部を高くする手術法です。

鼻プロテーゼ法のメリット・デメリット

鼻プロテーゼ法 術後

*メリット
後日簡単にプロテーゼを出し入れすることが出来ます。修正やさらに良いプロテーゼの開発に伴う、プロテーゼの交換が容易です。

*デメリット
プロテーゼだけで形態を作るには限界があります。

プロテーゼ・耳介軟骨移植法の特徴

プロテーゼ・耳介軟骨移植法 術前

様々な形に形成した柔らかい上質のプロテーゼを鼻尖部軟骨に固定し、この軟骨つきプロテーゼを鼻の正常位置に移植する手術法。鼻根部も高くしたいが鼻尖部も尖らせたいという方に最適で、手術時間が短く術後の形態もきれいに仕上がることが特徴です。

プロテーゼ・耳介軟骨移植法のメリット・デメリット

プロテーゼ・耳介軟骨移植法 術後

*メリット
鼻尖部を作るのに自分の軟骨を利用するためきわめて安全です。また、小さな傷で手軽に最大の効果を出すことが出来ます。 鼻尖軟骨だけの形態のように、ほとんど効果がなかった、ということはありません。

*デメリット
プロテーゼが嫌な人には施術出来ません。

ハイドロキシアパタイト法の特徴

ハイドロキシアパタイト法  術前

人工骨であるハイドロキシアパタイトを利用して鼻根部を高くします。
人工骨は2~5年後にほぼ自分の骨に置き換わります。鼻尖部に軟骨形成をすれば、全て自分の組織で鼻の美容を追求することも出来ます。

ハイドロキシアパタイト法のメリット・デメリット

ハイドロキシアパタイト法  術後

*メリット
いずれ自家骨になるためプロテーゼのような劣化はありません。
とにかく、骨で鼻根部が高くなるという自然感があり、激しいスポーツにも対応出来ます。

*デメリット
アパタイトは顆粒ですので、固着に時間が掛かります。完全固着まで移植部への外力には注意が必要です。おおよそ固着するまでかなり鬱陶しいシーネが必要なことも欠点です。また、一度固着するとなかなか修正が困難です。また、表現がやや直線的で、プロテーゼのような曲線の美しさに欠けます。

ヒアルロン酸注入法の特徴

フィラー(ヒアルロン酸・ レディエッセ)の 術前

人の皮膚組織に含まれる人体に無害なヒアルロン酸のうち、比較的硬いものを皮下に注射することにより、鼻筋を通したり、鼻根部を高くしたりする方法です。プチ整形にあたります。

ヒアルロン酸注入法のリット・デメリット

フィラー(ヒアルロン酸・ レディエッセ)の 術後

*メリット
ダウンタイムがほとんど無く、また、施術した日に洗顔やお化粧が出来、お手軽なことです。

*デメリット
ヒアルロン酸は100%吸収されるため治療を受けなければなりません。また、柔らかい素材のみの注入ですから、理想的な形態は難しくなります。

レディエッセ注入法の特徴

歯や骨に含まれるミネラルと同質で安全性の高いカルシウムハイドロキシアパタイト粒子を主成分としたレディエッセを皮下に注射することにより、鼻筋を通したり、鼻根部を高くしたりする方法です。

レディエッセ注入法のメリット・デメリット

*メリット
ダウンタイムがほとんど無く、また、施術した日に洗顔やお化粧が出来、お手軽なことです。しかも、効果が1~2年と長期の持続効果があります。

*デメリット
レディエッセは100%吸収されるため治療を受けなければなりません。

小鼻・鼻の孔を小さくする手術の特徴

小鼻を小さくする手術 術前

小鼻・鼻の孔を小さくする手術は、あぐら鼻や大きな鼻の孔に対する矯正手術です。鼻孔の中や小鼻の付け根にうまく傷を隠すようにデザインすことによって、不自然さや傷跡の目立ちがなく社会復帰の早い手術が可能です。

小鼻・鼻の孔を小さくする手術のメリット・デメリット

小鼻を小さくする手術 術後

*メリット
傷跡がほとんど目立たなく、小鼻の自然なカーブが温存されることです。

*デメリット
ほとんど目立たない微細な傷跡が残るのみです。

鼻の下を短くする手術の特徴

鼻の下を短くする手術 術前

鼻の下を短くする手術は、鼻と上口唇の境、鼻翼と頬の境の自然な筋に切開を入れ、口輪筋を鼻中隔骨の基部に引きつける方法です。皮膚を縫い縮めるだけでなく、口輪筋の形態を直しこれを縫い縮めることが大切です。ほとんど傷跡が目立ちません。

鼻の下を短くする手術のメリット・デメリット

鼻の下を短くする手術 術後

*メリット
鼻の下を短くするには、これしか方法がありません。

*デメリット
傷跡は目立たなくなりますが、完全に見えなくなるわけではありません。しばらく傷跡が硬くなることも知っておいて下さい。いずれは軽快します。

鼻の穴を小さくするというより、鼻の穴の形を整えたいです。
ハの字型にしたいのですが、自分は鼻翼に向かって張っていて三角形です。
鼻翼縮小以外で鼻の穴の形を整える手術はできますか?
やはり鼻翼縮小を小範囲で行うのが、結局もっとも簡単で近道なのではないでしょうか。
決して傷跡がひどく残る事もありませんので(ただしきちんとした日本形成外科学会専門医が手術を手掛けた場合)さほど心配はいりません。
隆鼻手術で希望通りの状態になった鼻は、永久に持続するのでしょうか。
今から12年前に転倒した際、鼻の上から1/3部分のところを強く打ち鼻の骨にひびが入りました。傷痕はほとんど消えていますが、鼻の上部1/3を境にぼこっと段差ができてしまい、少々わし鼻気味です。
鼻すじは通っていて高さも問題ないのですが、鼻全体が少し右よりに斜めになっています。
そこで手術を受けて段差を無くし、まっすぐに戻したいのです。手術によって希望どおりの状態になったとしてもそれは永久に持続するのでしょうか?
マイケルジャクソンのように崩れていくのではないかと心配です。
無茶苦茶なことをしなければ、崩れていくということはありません。
文面から察すると、あなたは当時鼻骨を骨折し、それがあまりひどくなかったため、放置されたのだと思います。そのため後日鼻骨が少し変形治癒したのではないでしょうか。
あまりにも鼻が曲がっているなら、鼻骨を切り直さねばなりませんが、少々なら出っ張っているところを削る程度で良いと思います。一度診察にいらして下さい。
→ もっと詳しく鼻の美容外科についてお知りになりたい方は・・・ 鼻の美容外科

当サイトは豊島区北大塚の酒井形成外科の監修です。

TOPへ戻る