ネット予約はこちらから

東京都豊島区北大塚2-3-1

03-3576-7788(要予約)

FACE Q&A|豊島区の酒井形成外科監修 美容外科 美容皮膚科の形成外科専門医がお答えします

輪郭の美容外科

輪郭の美容外科(顎・えら)

あご・えらのQ&Aはこちら

エラ骨切りの特徴

エラ骨切り 術前

エラ骨切りは、口腔内、下歯茎の奥に3cm程の切開を入れ、角膜下を剥離し、エラ骨を切る手術法です。視野が狭い為、内視鏡やオシュレーターという専用電動のこぎりが必須道具になります。全身麻酔下での手術の為、患者さんにはとても楽に手術を受けて頂けます。

エラ骨切りのメリット・デメリット

エラ骨切り 術後

*メリット
エラが張って気になる方には、エラ削り(エラ骨切り)しか有り得ませんが、以前行っていた外側よりの進入(エラのあたりの皮膚の切開)に比べ、外面の傷跡も無く、安全に手術が出来るようになった事です。

*デメリット
高価な手術道具と内視鏡設備、全身麻酔設備、入院設備が必要な為、お手軽というわけにはいきません。また、3~4日間は包帯を巻いた状態での生活を余儀なくされます。腫れも3週間程度は我慢が必要です。

顎骨切りの特徴

顎骨切り 術前

口腔内から下の前歯の歯茎の付け根に5cm程の切開を入れて、骨膜下に剥離を進め、顎骨を切る手術です。手術は直視下で、サジタールソウという顔面骨専用電動のこぎりを使用します。全身麻酔下での手術の為、患者さんにはとても楽に手術を受けて頂けます。

顎骨切りのメリット・デメリット

顎骨切り 術後

*メリット
顎を短くするにはこの手術しかありません。しかし、口腔内から進入するため、傷跡も残らず後遺症の心配もほとんどありません。顎下のたるみに対しても対応策が考案されています。

*デメリット
全身麻酔の為、1日入院が必要です。術後4~5日間は包帯圧迫が必要になります。唇の腫れが10日程度続き、頬やエラの腫れは3週間程続きます。顎の骨は切りすぎると、顎下にたるみが出ることがあります。筋肉を骨に釣り上げるような処置が必須です。

人工骨で顎を出す特徴

人工骨で顎を出す 術前

ハイドロキシアパタイトのブロックを削るか、粘土状のハイドロキシアパタイトを形作り、下前歯の歯茎の最も下、下唇の奥に切開を入れ、下頤骨の骨膜下を剥離し移植する手術法です。

人工骨で顎を出すメリット・デメリット

人工骨で顎を出す 術後

*メリット
いずれは自分の骨に変わる為、下顎骨に負担が少ないことが挙げられます。また、プロテーゼの様に上へ移動変異することはほとんどありません。特にバイオペックスと言われる粘土状ハイドロキシアパタイトでは極めて美しい形状形成が可能です。

*デメリット
材料が高価であることが最大の欠点です。また、術後数年経ってこれを取り除きたいと思っても、プロテーゼのように簡単に取り出せず、削るしかありません。

プロテーゼで顎を出す特徴

プロテーゼで顎を出す  術前 プロテーゼを極小さめに個人のオーダーに合わせて削り、口腔内の下の唇の奥、歯茎の境に切開を入れ、骨膜を剥離し、下頤骨の先端に近いところを狙い、プロテーゼを糸で骨に固定する手術法です。口腔内の傷で手術を行う為、傷跡は分かりません。

プロテーゼで顎を出すリット・デメリット

プロテーゼで顎を出す  術後

*メリット
比較的簡単にきれいな形が作れます。口腔内の傷で手術を行う為、傷跡は分かりません。

*デメリット
あまり大きなプロテーゼを挿入すると、下顎骨に陥凹変形をきたしてしまうことと、プロテーゼは下顎骨に固定しないと、上方へ変位してしまうことが欠点です。

エラの骨切りで当日手術して日帰りというのは可能なのでしょうか。
顔全体のしわをとりたいのですが、フェイスリフトの手術をした場合、傷跡のため手術後、何日間くらい仕事を休まなければならないでしょうか。

エラ骨切り(アングルオステオトミー)はそんな簡単なモノではありません。
おそらくお近くの大学形成外科でも、とても多く取り扱っているはずです。
きちんとしたところでは、少なくも、オルソパントモグラムというえら(下顎角)をしっかり計測できるレントゲン検査は必須としているはずです。そうでなければ骨切り計画はできません。また、骨をしっかり切るなら絶対に全身麻酔が必要です。
とすれば少なくとも1~2日間は入院が必要でしょう。全身麻酔でも極めて簡単で短時間の手術ならデイサージェリーというのも認められきつつありますが、外科のなかでも中程度クラスの「アングルオステオトミー」を日帰り!!!考えられません。
危険な手術をして、失敗でもすれば、上の状況では裁判で、完全に負けるはずです。とすれば、考えられることは一つ!
えらのほんの一部をちょっとだけ削る。これだけで止めてしまえば問題は無しです。
もちろん効果はありません。しかし、そのクリニックは効果なんか気にしていないでしょう。お金さえもらえれば良いのです。
実は、こんなことで被害?にあっている患者さんは山ほどいます。
確かに、ちょっとでも骨を削れば、それは「れっきとした治療になる」のが医療の原則です。よーく考えて下さい。止めるなら早めにキャンセルをして下さい。

エラ骨切り・・・全身麻酔で行う手術ですので手術中の苦痛は全くありません。専用の骨切り器械(オシュレーター)でしっかり、しかも個人の状態に合せたオーダーメードの美容外科の手術が可能です。顔のフェイスラインの気になる方、特に女性では顔のえらが張っている四角い状態から卵形のすっきりした輪郭に変わりますので美人度が急激にアップするとともに小顔になります。

ほお骨を小さくしたいのとえらを小さくしたいのですが、手術のリスクはどうですか?
ほお骨を小さくしたいのとえらを小さくしたいのですが、手術のリスクはどうですか?
当院でもかなりの症例をこなしておりますが、問題は一例もおきていまん。
一般にに言われる注意事項は
1)術後感染
どのような手術にもあり得ます。もし上記の手術で感染が起こった場合、早期の抗生剤治療が必要です。
2)出血、血腫の発生
内視鏡で確認しながら十分止血をおこなうことと、術後しばらく包帯固定すれば、まず問題はおこらないはずです。
3)神経損傷
通常はあり得ないことです。術前に精密レントゲン検査をすれば、神経の位置を確認できるからです。
ただし、術後3ヶ月~6ヶ月くらいは、しびれ感程度の神経症状はでます。これは、骨の膜を剥離する際どうしても神経を触るということから「いたしかたないこと」といわれております。
→ もっと詳しく輪郭の美容外科についてお知りになりたい方は・・・ 輪郭の美容外科

当サイトは豊島区北大塚の酒井形成外科の監修です。

TOPへ戻る