ネット予約はこちらから

東京都豊島区北大塚2-3-1

03-3576-7788(要予約)

FACE Q&A|豊島区の酒井形成外科監修 美容外科 美容皮膚科の形成外科専門医がお答えします

フェイスリフト

フェイスリフト

こめかみのQ&Aはこちら

こめかみのフェイスリフトの特徴

こめかみのフェイスリフト 術前

出来るだけ目立たない傷でフェイスラインを引き上げる手術です。
眉毛や目尻の垂れ込みに効果を発揮します。耳の上方端から毛の生えている中を登頂に向かって必要なだけ切開を入れ、健膜下で剥離し、ややオーバーになるくらいしっかり釣り上げます。縫合機器によって傷跡を最小限度にすることが出来ます。

こめかみのフェイスリフトのメリット・デメリット

こめかみのフェイスリフト 術後

*メリット
唯一無比の手術です。いかなる塗り薬、レーザー、注射等もこの手術にはかないません。

*デメリット
術後3日~5日間は包帯圧迫が必要でその間洗髪が出来ないので、不便に感じるかもしれません。2週間程腫れることも忘れてはなりません。

ラテラールリフト(顔面側面)の特徴

ラテラールリフト 術前

出来るだけ目立たない傷でフェイスラインを引き上げる手術です。
頬の垂れ込み、法令線の目立ち、頬のへこみ、マリオネットラインの目立ち(口元のたるみ)に効果があります。また、二重顎にも適応します。こめかみリフトと同時に行う事も多いフェイスリフトの手技です。
SMAS釣り上げ、リテエイニングリグメント処置、PRP法、フィブリンのり処置等を加えた高度処置が可能です。

ラテラールリフト(顔面側面)のメリット・デメリット

ラテラールリフト 術後

*メリット
唯一無比の手術です。いかなる塗り薬、レーザー、注射等もこの手術にはかないません。唯一無比の手術です。いかなる塗り薬、レーザー、注射等もこの手術にはかないません。

*デメリット
術後3~5日間は包帯圧迫が必要でその間洗髪が出来ないので、不便に感じるかもしれません。2週間程腫れることも忘れてはいけません。

トータルフェイスリフトの特徴

トータルフェイスリフト 術前

出来るだけ目立たない傷でフェイスラインを引き上げる手術です。
顔の若返りだけではなく顎下や頚のたるみやしわに最も有効です。
切開範囲はこめかみの後方、耳の上7~8㎝より始まり、耳の前方をほぼ一周し、耳の後方えりあしの生え際まで及びます。剥離範囲は、顎下の喉仏近くまで及びます。

トータルフェイスリフトのメリット・デメリット

トータルフェイスリフト 術後

*メリット
唯一無比の手術です。いかなる塗り薬、レーザー、注射等もこの手術にはかないません。

*デメリット
手術に5~6時間かかることや、術後3~5日間は包帯圧迫が必要でその間洗髪が出来ないので、不便に感じるかもしれません。2週間程腫れることは覚悟しなくてはいけません。

ミッドフェイスリフトの特徴

一般のフェイスリフト手術はうまく成功したとしても、下まぶたのたるみだけは効果が発揮されず、不満が残る事があります。そこで下まぶたの垂れ込みは独自に行なわなければなりません。フェイスリフト手術と同時に行う事も出来ますが、腫れの関係で日時をずらす方が良い事もあります。この矯正手術は下眼瞼の際に切開を入れ、下眼瞼皮膚と眼輪筋を3枚におろし、余分な脂肪を切除しながら、眼輪筋は外側へ、皮膚は上方へ別々に引き上げることです。縫合を丁寧に行うと、術後の傷跡は目立たなくなります。

ミッドフェイスリフトのメリット・デメリット

*メリット
唯一無比の手術です。いかなる塗り薬、レーザー、注射等もこの手術にはかないません。

*デメリット
たいへん難しい手術で技術が必要です。落ち着くのに暫く掛かりますので、術後のケア時間を考慮しましょう。

フェイスリフトの手術をした場合、何日間くらい仕事を休まなければならないでしょうか。
顔全体のしわをとりたいのですが、フェイスリフトの手術をした場合、傷跡のため手術後、何日間くらい仕事を休まなければならないでしょうか。
フェイスリフト手術の効果を高めるには、十分皮下を剥離することと、今度は治癒を高めるために圧迫することが決め手ともいえるものです。
まず、手術後1日は入院して安静を獲得します。1日入院した後の退院後3~4日間は包帯をしっかり巻きます。(とても大切な行為です)
抜糸は7日~10日後に2回に分けて行います。包帯を取る5日目には、もうシャンプーや洗顔ができ、傷から離れたお顔には軽いお化粧も可能です。
腫れも今ではフィブリンのり(生体接着剤)のおかげで、かなり減少し改善も早くなりました。
術後1週間で、外出もほとんど問題ないでしょう。術後2週間ほどでほぼ社会復帰は可能と考えています。ただし、あくまで目安です。
フェイスリフトの術後の様子を教えて下さい。
フェイスリフトに興味があります。まず年齢は35歳で、頬が最近たるんできました。皮膚をひっぱると明らかに余っており、昔とは表情が違ってきました。
腫れ、術後の様子はどのようなものでしょうか?
包帯で巻くとか、内出血で外には出られないなど、だいたいの目安で結構ですので教えて下さい。仕事の休暇の関係で・・・
手術は時に6時間におよぶ事もあります。少なくとも側面のフェイスリフトでは4時間以上はかかります。ですから、患者さんは静脈麻酔か全身麻酔をなさったほうが無難でしょう。そして1日は入院されたほうが良いです。
手術翌日にドレーンという血抜きの管を抜き、再び包帯ぐるぐる巻きにします。この日から4日間は包帯をまいたまま何もしません。
手術後5日目に包帯を取り去り、洗髪をいたします。かなりすっきりします。
傷にテープをあて自宅での消毒の方法をお教えします。手術後7日目で前面の抜糸、術後10日目に後面の抜糸を完了します。
腫れや内出血の色は2週間程度でおおよそ治まります。しかし、完全に腫れが引くのは2ヶ月後ぐらいです。その間はなんとなくもったりした感じは残りますが、お化粧をしてしまえばあまり気にならないはずです。
→ もっと詳しくフェイスリフトについてお知りになりたい方は・・ フェイスリフト

当サイトは豊島区北大塚の酒井形成外科の監修です。

TOPへ戻る